役立つ※紫外線のメカニズムを知って賢くUVケア♪

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s
さて、女子の天敵である「紫外線」
そもそも、紫外線のメカニズムって皆さんご存知ですか?

UV対策と良く言われますが、このUVにもいくつかの種類があったり、太陽光線の中にも種類があったり・・・

となかなか奥が深いんです。
効率よく、そして賢くUVケアをする為にもまずは紫外線の事をLet’s study♪

そもそも紫外線って何者!?

b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s
紫外線とは、太陽から出る光が地球に到着するまでのエネルギーの高い光の事を言います。
この太陽光、実は目に見える光と見えない光の2種類存在します。

目に見えるのは「可視光線」あの太陽から出ている別名「天使の道」と言われているあの光の事です。
あと、メジャーなのは虹!

目に見えないのは「赤外線」「紫外線」の2つです。
あの天使の道の中に含まれている成分と思って頂けると分かりやすいかと思います!

確かに言われてみれば今ではガラケーと言われている折り畳み式の携帯電話で連絡先を交換する際に使用していた
「赤外線通信」あれ、目には見えないですね(笑
光線が出ている訳ではないですよね・・・(笑

紫外線も肉眼では確認する事が出来ませんが、知らない所で着々と私達の体の細胞を破壊しているのです。

紫外線には波長がある!

001_fig01
太陽光線には波長の短い光と長い光が存在するのですが、
紫外線は波長が短い太陽光線に属します。

そしてこの紫外線はさらに3つのジャンルに分けられます。
「UVA」「UVB」「UVC」の3つです。

ちなみにこのUVの後ろに付くアルファベット。
A波B波C波という波長の種類の事!
私たちが普段浴びている紫外線はA波とB波!

太陽と地球はとっても遠いのですが、C波は地球まで届かないそうです。
長さが短いって事ですね!

つまり「実際私達が浴びている有害な紫外線は2種類」という訳です。

UVAとUVB、これって何?

ここまで、理科で出てきそうな単語が沢山でしたね(笑
さてさてこのUVAとUVB、私達にどんな影響を与えるのでしょうか?

UVAの特徴
・紫外線の中で一番大部分を占めている
・肌の奥の真皮まで届くため、蛋白を破壊!肌のもちもちとした肌の弾力を失くしてしまう
・活性化酸素を発生させる為、メラニン色素を暗くする

UVBの特徴
・紫外線の中の量は少ない
・肌への作用が強く、短期間で肌を赤くさせたりDNAにダメージを与える
・メラニン色素を生成する為皮膚の細胞を防御する

 
肌は表皮と真皮の2つの層で成り立っています。
私たちが普段目にしている肌は表皮、その奥にある肌が真皮です。

紫外線はこの肌の表面も貫通してくるという事です!
考えるとちょっと怖いですよね。

UVAはシワ・タルミの原因に、UVBはシミ・ソバカスの原因になってしまいます。

UVAとUVBの違いは何?どっちが有害?

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s
これらの2種類の紫外線の特徴は分かっていただけだと思いますが、実際この2つの紫外線は何が違うのか?

UVBは皮膚の表面に届く為、皮膚や目に有害です。
日焼けや皮膚がんの原因になってしまいます。

一方、紫外線の大部分を占めているUVAはUVBよりは有害ではないのですが、長時間浴び続けた場合、
細胞を傷つけてしまうので、健康被害の原因となってしまいます。

一番良く見られる症状はシワやたるみなどの肌の老化です。

そして、2種類の紫外線の共通の症状は「日焼け」
日焼けも紫外線を浴びた直後に出てくる赤い日焼けをサンバーン、
一方、赤い日焼けが無くなった後に数週間から数か月続く黒い日焼けをサンタンと言います。

UVBはサンバーンとサンタン両方引き起こしてしまうのです。

UV対策、何に気を付けていけばいいの!?

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s
ここでポイントなのは「何に気を付ければ良いのか」という部分!

ここを押さえておけば日焼け対策もばっちり出来ます♪
日焼け対策のポイントは「活性酸素を発生させない事」「炎症を抑える事」がポイント!

簡単に言えば、紫外線は肌の細胞を破壊してしまう物。

破壊の原因は活性酸素が発生する事!
活性化酸素は簡単に言えば肌にサビが出来る状態。

この活性酸素を発生させる事をストップさせてしまえば肌の弾力やシミ、シワ、たるみを防ぐことが出来ます。

また日焼けとは肌が火傷している状態!
火傷をするとまずは冷やしますよね?

それと同じで日焼けも肌をクールダウンさせる必要があります。

海や山など、夏はフェスなども多く行われますから
野外に出る時間が多い場合は1日の終わりに肌をまずクールダウンさせる事がポイントです。

日焼け対策として一番メジャーなのは
活性酸素を発生させないように外側から日焼け止めクリームを塗って紫外線をブロックさせる事。
4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s
薬局やコンビニなどどこでも日焼け止めクリームは買えますしね!しかしここには大きな欠点が。

日焼け止めは2時間に1回毎日塗り続けない事には効果は0に等しいです。
朝出掛ける前に塗って満足していませんか?

「化粧前の下地として塗って、ベースメイクにもUVカット効果があるし、1日大丈夫でしょ♪」
と油断していませんか?

それでは日焼け対策はしていないのと同じ!

一番効率的なのは活性酸素を発生させないように体の内側からケアする事!

外から攻撃する紫外線を肌の内側でブロックしてしまうという事です。

これが最近今話題になっている飲む日焼け止めサプリメント!

紫外線のブロック効果が高く、日焼け止めを何度も塗り直すより効率的だと話題なんですよ♪
気になる方はチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です